顎 ニキビ 原因*洗顔石鹸 人気なサイト 消すニキビ跡クレーター痕治療

顎 ニキビ 原因*洗顔石鹸 人気なサイト

重度のにきびの自然治療。


口の周りのにきびの
 口の周りのニキビ(にきび)は、経験のある人ならわかると思いますが、「治った」と思っても、またできたりと、結構頑固です。

口の周りにできるニキビ(にきび)は、洗顔の洗い残しのほかに、食のバランスがだといわれています。

の多いものや、糖質脂質、炭水化物などのかたよったによりできやすいニキビ(にきび)だといわれています。

のバランスが偏ってしまうと、治ったと思っても、またでてきてしまうのです。

また、口元というのは、ホルモンの増殖のだというのもあります。

排卵後など、ホルモンに似た黄体ホルモンの増殖などで、口の周りにニキビ(にきび)ができてしまう、というがあります。

 口の周りは、ついつい手で触ってしやすい部分であるといえます。

口の周りを触ることで、ニキビ(にきび)まで触ってしまい、をニキビ(にきび)につけることになってしまいます。

*紫にきびの治療と 
紫ニキビ(にきび)は、血のめぐりが悪かったり、がたまっているによくおこるため、「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などの血のめぐりをよくする薬と、「星火温胆湯(せいかうんたんとう)」のように、痰やなどのを体外に追い出す薬を一緒に服用すると的だと言われています。

によって紫ニキビ(にきび)が悪化する傾向にある人は、加味逍遙散(かみしょうようさん)などを併用したり、患部のによっては、五行草(ごぎょうそう)、板藍根(ばんらんこん)、白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)を併用したりすることもあるようです。
 
ニキビ(にきび)のが落ち着いている人は、沙棘油(商品名:紅沙棘ほんさーじ)、情緒不安定の人は、シベリア人参を併用すると、さらに的だと言われています。
ニキビ(にきび)に、洗顔はとてもになってきます。正しい洗顔のを覚えることで、ニキビ(にきび)ます。
*ホットタオルで毛穴を開かせた後、ぬるま湯でしっかり泡立ててゴシゴシこすったりせずに泡でお顔を包み込むように洗いましょう。
洗顔にあったものにするだけで、ニキビ(にきび)の幅が広がってきます。

反対に間違った洗顔などをしていると、せっかく洗顔をしていても、逆になるがあるので、気をつけて洗顔をするようにしましょう。
posted by bun at 18:42 | ニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。